【ショパン】好きなピアニスト、ラファウ・ブレハッチ【2024年コンサート情報あり】

当ページのリンクには広告が含まれています。
紹介者:けんけんぱ

わたしの好きなピアニスト、ラファウ・ブレハッチさんを紹介します。

現役最高峰ショパン弾きとも言われるブレハッチさんは、2005年ショパン国際ピアノコンクールで優勝を果たしたピアニストです。
ショパン国際ピアノコンクールといえば、2021年に反田恭平さんが2位、小林愛実さんが4位となり日本でも話題になりました。
またその二人が2023年に結婚したことで、さら話題になりました。
今回はラファウ・ブレハッチさんの簡単な経歴、エピソード、おすすめの動画やCD、2024年度のコンサート情報などを書いていきたいと思います

目次

経歴

  • 生年月日: 1985年6月30日
  • 出身地 : ポーランド
  • 趣味 : ピアノ、哲学、オルガン、車の運転

敬虔なクリスチャンの家庭に生まれ、教会牧師のすすめで4歳から教会のオルガンを
弾くようになり、5歳からピアノを始める。
ルービンシュタイン音楽学校を卒業後、フェリクス・ノヴォヴィエイスキ音楽大学に学び、
カタジーナ・ポポヴァ=ズィドロン教授に師事。
※教授はブレハッチ優勝の翌開催の2010年のショパンコンクールの審査員になったほどの反響だそうです。

コンクール受賞歴:第5回浜松国際ピアノコンクール2位、第15回ショパン国際ピアノコンクール優勝

はじめての国際ピアノコンクール

5歳から始めたピアノで初めて国際コンクールに参加したのは、日本で開催されている浜松国際ピアノコンクールでした。
このコンクールに参加する時点までは自宅のアップライトピアノで練習していたそうです。
これを知ったワルシャワ市が日本へ出発するまでの2か月間、グランドピアノを貸し出したという話が残っています。
結果は1位該当なしの2位に入賞でした。その賞金でグランドピアノを購入されたそうです。

庶民的な話で、自分も子供にピアノを習わせてみたくなるエピソードで夢がありますよね

けんけんぱ

きれいなピアノの音がする家って憧れます。けんけんぱはピアノを弾く努力が足りなかったので(汗


ブレハッチさんは、小説家の恩田陸さんとの対談で練習時間についても話されています。
ツアー中は4~5時間以上は弾くことはないですが、家にいる時は6時間以上練習しているそうです。

5年に一度の舞台、ショパン国際ピアノコンクールにて

2005年に開催された第15回ショパン国際ピアノコンクールでは、ツィマーマン以来の30年ぶりのポーランド人優勝者が出るのではと現地ではとても盛り上がっていたそうです。
ブレハッチさんは雰囲気がショパンに似ているとも言われていて、それも当時話題となりました。
結果は優勝で、2位は該当なしという輝かしいものでした。
それだけではなく
マズルカ賞(ポーランド放送)・ポロネーズ賞(ポーランド・ショパン協会)・
コンチェルト賞(ワルシャワ管弦楽団)・ソナタ賞(クリスティアン・ツィマーマン)も併せて
すべて獲得。

ショパンコンクールで「2位なし」の審査結果が出たのは史上初だったそうです。
圧倒的な優勝ですね。

最終審査ではオーケストラと共演してのピアノ協奏曲第一番を演奏するのですが、そこでも逸話が残ります。
この曲の最後はオーケストラの演奏で終わるのですが、通常すべての音が鳴りやんでから拍手などが起こります。
ただ、このときのブレハッチさんの審査では、ピアノを弾く最後の一音を弾き終わった瞬間に観客がスタンディングオベーションをしてしまいます。
当時の様子は動画としてyoutubeにアップロードされていますので、以下におすすめ動画として紹介します。

おすすめ動画とCD

先ほどの最終審査の様子はこちらの動画となります。
少し長い動画となりますが、時間のない人も最後だけ見てみてから当時の熱狂ぶりを感じていただけたらと思います。
時間があるときに全編通しで見てほしいです。

けんけんぱ

初めて見たとき自分はオリンピックや甲子園といったその時に1度しかない緊張感とフィギュアの演舞が終わった後のような感動を味わいました。

ピアノ協奏曲第一番

英雄ポロネーズ

またブレハッチさんの代表演奏曲としてよく挙げられるのが、英雄ポロネーズです。
こちらも当時の演奏の様子がアップロードされています。
自分にとってはリファレンス的な演奏に感じてしまう、そんな説得力のある演奏でした。

子犬のワルツ

もう1曲とても印象に残ったのが有名な子犬のワルツです。
実際に聞いてみて本当に子犬が走り回ってコロコロと遊んでいる様子が目に浮かぶような演奏を見たのが初めてだったので、ぜひ見てみて欲しいです。

そんなブレハッチさんの演奏は録音されCDとして発売されています。
ピアノ協奏曲第一番、第二番をまとめたCDと、ポロネーズ集のCDが特におすすめです。

そしてこのようなCDに収められた曲たちも今はサブスクで聞くことができます。
例えばアマゾンミュージックアンリミテッドは1年契約でプライム会員だと9800円、月980円で1億曲もあり、ほかの曲も聞くことができます。

金額の比較表

月額年会費
Amazonプライム会員980円9800円
無料会員1180円なし
ファミリープラン1680円16800円

ファミリープランとは13歳以上の家族の方なら利用可能のプランです。この場合はファミリープランに登録した方が支払い義務が生じます。同時に6端末までご利用可能となっております。


いい時代ですね。感動的な曲とも出会いやすいです。

2024年のコンサート情報

ブレハッチさんははじめての国際クラスのコンクールが日本だったように、ゆかりがあるのかよく日本にコンサートに来てくれます。
けんけんぱが日本最高峰のコンサートホールだと思うミューザ川崎でも2023年2月27日にありました。
とても行きたかったです・・・
2024年度も日本に来てくれるようなので、情報を共有します

ラファウ・ブレハッチ (ピアノ) 出演
《公演情報》

日時
2024年2月8日(木) 19:00
開場 / 終演予定
18:20 / 21:00
会場
サントリーホール Suntory Hall
出演
アンドレイ・ボレイコ Andrey Boreyko (指揮/ワルシャワ・フィル芸術監督, Conductor/Artistic Director of Warsaw Philharmonic)
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 Warsaw National Philharmonic Orchestra

2024年2月7日(水)14:00 サントリーホール [亀井聖矢 (ピアノ) 出演]
2024年2月7日(水)19:00 サントリーホール [ブルース・リウ (ピアノ) 出演]
2024年2月8日(木)19:00 サントリーホール [ラファウ・ブレハッチ (ピアノ) 出演]
2024年2月11日(日・祝)14:00 横浜みなとみらいホール [ブルース・リウ (ピアノ) 出演]

※ブルース・リウは2021年第18回ショパン国際ピアノコンクールの優勝者です。

埼玉公演リサイタル
ーーー
日時
2024年2月8日(木)
開演
14:00
会場
所沢市民文化センターミューズ・アークホール
ーーー

大阪公演リサイタル
ーーー
日時
2024年2月18日(日)
開演
14:00
会場
ザ・シンフォニーホール
ーーー

川崎公演リサイタル
ーーー
日時
2024年2月20日(火)
開演
19:00
会場
ミューザ川崎シンフォニーホール
ーーー

東京公演リサイタル
ーーー
日時
2024年2月22日(木)
開演
19:00
会場
東京オペラシティコンサートホール
ーーー

横浜公演リサイタル
ーーー
日時
2024年2月24日(土)
開演
14:00
会場
青葉区民文化センターフィリアホール
ーーー

長崎公演リサイタル
ーーー
日時
2024年2月25日(日)
開演
14:00
会場
とぎつカナリーホール
ーーー

まとめ

ぜひチケットを買って生のピアノの音を聞いてみて欲しいです。知らない曲であっても生のピアノの音色に包まれる感覚は格別です。
特にミューザ川崎、サントリーホールなどは音響がすごいので、ぜひ行ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次