【勉強】集中しやすいおすすめデスクライトの選び方【パソコン】

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

はじまりは子供向けデスクライト探しから

人によってデスクライトを探し始めるきっかけは違うと思います。けんけんぱの場合は子供向けデスクライト探しから始まったのですが、気付けば仕事用のデスクライトも買ってしまっていました。
その時に気付いた点や注意点、おすすめの照明を紹介していきたいなと思います。

デスクライトを選ぶポイント・注意点

明るさ(照度)

国内規格である「JIS規格のAA形の水準」を満たすものを選びます。意外と今主流のLEDデスクライトは蛍光灯に比べこの基準をクリアしていないものもあるため、注意しましょう。
光源30cmで500lx、50cmで250lxなど細かい数字がありますが覚えなくてもいいです。規格のAAをなんとなく頭に入れておいて欲しいです。

照らす範囲が広くて明るい製品を選ぶのがポイント

演色性(演色値)の高さ

演色性は物の色の再現性で、自然光をRa100として近いほど目への負担が小さくなります。
パソコン作業ならRa80以上でと言われたりします。

けんけんぱ

けんけんぱ的には勉強や仕事に使うデスクライトならRa90以上欲しいです

調光機能と色温度

色温度は光の色で、ケルビン(K)という単位であらわされます。数値が低いと暖色系、高いと寒色系の光になります。
調光機能とは明るさを調整して眩しすぎないようにできるもの、色温度を変えられる調色機能を持ったものもあります。
調色機能はあると便利ですが、値段を考えると…となってしまいます。

複数色のLEDを使うため演色性も下がってしまいます。

けんけんぱ

眩しすぎ暗すぎと、段階が少ないと困ることも多いので注意です

影の問題

影の対策をしていない製品を選んでしまうと、文字を書くときに鉛筆などの影が強く何本も出てしまい書いている文字が見えにくくなってしまいます。

けんけんぱ

勉強などでは非常に重要な要素となりますので、対策されてるかの確認が必須です。

これら4点が選ぶ際に気を付けたいポイントとなります。長時間の勉強や仕事に使うものなので、できるだけ目が疲れにくいものを選んでほしいです。目に優しいモデルはどうしても価格が蛍光灯デスクライトよりも高くなりがちです。しかし日々の使う時間の長さと価格を比較してみる形で考えてみるといいかもしれません。
次項ではこれらのポイントを満たすおすすめのデスクライトを紹介します。

価格、用途別のおすすめのデスクライト

デスクライトは値段によっておすすめが変わってしまうので、2つほど紹介したいと思います。

目に優しい1万円前後のおすすめLEDデスクライト

山田照明Z-light Z-10R クランプ式
※JIS AA Ra90 調光あり 調色5000K(昼白色)固定 影対策あり

スタンド式のZ-10Dもあります。

けんけんぱ

この価格でRa90という点が素晴らしいです。

ひとつだけ問題点をあげるとすると、調光が電源ボタン長押しで明るくなったり暗くなったりするので、スイッチ式よりも狙った明るさにするのに少しだけ時間がかかります。
ただし、ちょうどいい明るさはそこまで変わらないので頻繁に調光しなくても大丈夫だと思います。
発売当初のものはジーっと異音がするというレビューもありますが、最近のものは改善されているようです。

けんけんぱが購入したものも音はしませんでした。

クランプ式の機種も別売りの卓上デスクベースを購入するとスタンド式としても使えます
Z-B16BとZ-B17B

大型で安定性の増したデスクベースはZ-B17Bです。

長時間使用など、目への優しさを最優先する場合のおすすめLEDデスクライト

山田照明Z-light Z-80proIIB クランプ式
※JIS AA Ra97 調光あり 調色 5000K(昼白色)固定 影対策あり

先ほどの機種との違いは最高クラスのRa97となった点です。高くなってしまいましたが、目への負担という点ではこの機種がもっともおすすめだと思います。

けんけんぱ

数万時間とも言われる寿命がありますので長く使えますし、目への投資と思うといいと思います。

こちらの機種もさきほどと同じ共通の卓上ベーススタンドでスタンド式としても使えます。
特に長い年月使うことになる子供の勉強に使うならこちらがおすすめです。学習机に付属してついているLEDと比べると明るさ、色の再現性、アームの動かしやすさなど、どれをとってもおすすめです。
近視防止には太陽光の明るさが大事だという研究結果もあるそうです。(小学校にポスターが貼ってあったりします。)
もしRa値が少しでも関係するのであれば、できるだけ高いものにしてあげたくなる親心も出てしまいました。

まとめ

今回は、アームのスムーズさなど総合的に気になる点の少なかった山田照明さんのもの2つになってしまいました。
そのほかにも様々なメーカー、機種と比較しましたが、実際に見てみると意外とメーカーごとの光の色や明るさが違うため、悩んでしまうと思います。
そんなときのひとつの助けになってくれるといいなと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次