【横山信弘】キミが信頼されないのは話が「ズレている」だけなんだ【感想】

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回紹介するのは横山信弘さんのキミが信頼されないのは話が「ズレている」だけなんだです。

紹介者:つき

30代パート主婦
2児の母
本が大好きで読書が趣味
年間200冊以上本を読む
Kindle Unlimited愛好家
書籍も大好き

目次

基本情報

  • タイトル キミが信頼されないのは話が「ズレている」だけなんだ
  • 著者 横山 信弘
  • 出版社 すばる舎
  • ジャンル コミュニケーション術
  • 発売年月日 2023年3月1日
  • ページ数 192ページ

読んだきっかけ

会話していてもたまにズレた答えが返ってくることがあるので(自分の会話ってズレてる!?)と気になりました。そのためこの本を読んで見ることにしました。4コマ漫画も入っておりわかりやすい内容になっています。

おすすめしたい人

つき

相手と話していて話がズレることがある人、かみ合わないことがある人におすすめです。

心に響いたところ

<反射><思い込み><知識不足>に気づき、対処しよう

この項目で3つのズレを生むパターンを紹介しています。それが①反射②思い込み③知識不足です。人から話を振られても反射的に答えず、ちゃんとしっかり確認してから答えるようにしようと思いました。②の思い込みも私はたまにあるので気を付けたいです。よく夫としゃべっているときに「そんなつもりで言っていないのに」と言われることがあります。思い込みで勝手に考えないでちゃんと言葉の意図を確認するクセをつけたいです。③の知識不足については、上司にわからないことは素直に「○○ってどういう意味ですか?」と確認しているのでズレは防止できています。これからもわからないことはしっかりと確認していきたいです。

<対人関係>で気をつけたいこと

対人関係を考える場合、絶対に気を付けなければならないことは、「わるくしないこと」 である。

キミが信頼されないのは話が「ズレている」だけなんだ

結論から言うと人間関係が悪くなる原因はコミュニケーションなので、きちんと会話を成立させれば関係が悪くなることはないとのことだ。確かに会話のズレや勘違いによって友人関係が悪化したり、そんなつもりで言っていないのに勘違いされることはあることだろう。そんなズレをなくすためにも「確認」作業が大切であるとこの項目では言ってある。私も会話のズレをなくすためにもしっかり「確認」することを心がけようと思いました。

電話対応するつもりでメモする

この項目では「確認グセ」をつけるうえで常備したいグッズとしてメモとペンをあげている。確かに電話対応の時はメモとペンを準備して会話の伝言を書いています。私も友人とzoomで会話したりする時など、内容を忘れないように紙とペンを用意してメモを取っています。それ以外でもスマホのメモ帳アプリで会話で忘れないメモ(習い事のお友達の名前や兄弟姉妹の名前、出身地、学校名など)を取っているので忘れないです。

「あの・この・その」に気を付けて!

私もたまに思い出せなくて「あのことなんだけど」「これってさ~」「その~なんだったっけ?あれだよあれ」とかついうっかり言ってしまうことがあります。それだとはっきり言って伝わらなく、相手も不思議そうな顔をするので、はっきりと主語や述語を略さずに話すように気をつけようと思います。

「結論を後回し」にすると、脇道にそれやすい

これはブログなどでもよく使われるPREP法ですが、結論を先に言うことが大事です。話が長くなりすぎないためにも、結論を先に伝えるようにしたいです。別の項目の脱線しない「鉄板ルール」にも載っています。

PREP法とはPoint(論点)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(論点)の頭文字をとった方法です。最初に結論を説明してから理由を述べ、具体例を説明します。そして最後にまた結論を再度伝えるのです。

「ライフイベント」と「デイリーハッスル」に注目し先回りしてみよう

相手の感情を知るカギとして大切な2つのことです。ちなみにその2つのカギについて下記に説明しています。

ライフイベント

誕生就学就職結婚出産
子育て昇進転職リタイア

デイリーハッスルとは、日常的な苛立ち事のこと

デイリーハッスル

「仕事関係」
  • 満員電車がつらい
  • 顧客からクレームが来た
  • 上司から小言を言われた
「家庭」
  • 夫が家事を手伝ってくれない
  • 家が散らかっている
  • 子どもが片付けない
「自分の体」
  • 寝不足だ
  • 体がだるい
  • お腹が空いた

ライフイベントの情報をつかんだら相手との会話のネタが増えます。書いてある通りに相手の感情をイメージして話すことが大事です。 話し上手な人はライフイベントごとに話を振ってくれます。「お子さん入学しましたよね。入学式どうでしたか?」など話しかけてくれたので、私もそこから会話が広がって盛り上がりました。気にかけてくれているんだ、覚えていてくれたんだ、ということが嬉しかったのです。

デイリーハッスルによるストレスは、意外と大きいことがわかっている。

キミが信頼されないのは話が「ズレている」だけなんだ

上記のことから、相手の態度や言葉遣いを日々観察することで相手とのコミュニケーションの糸口を掴むのです。上司が今日は機嫌が良くなさそうだなと思えばそっとしておくし、機嫌が良さそうなら積極的に「何かいいことありましたか?」など尋ねます。常日頃観察して相手の感情の機微を見逃さないようにすることがコツです。

まとめ

会話のズレをなくすことでコミュニケーションが上手くいき人間関係もスムーズになります。この他にも避けたい5つの「ズレ質問」や「情報収集」のテクニックを知る方法など色々な場面で役に立つと思います。主にビジネス向きの本ではありますが一般的な場面でも使えるでしょう。現に私も友人知人で使っているテクニックもあるので新しいテクニックを知ることが出来てよかったです。是非お勧めしたい本の一冊です。

現在2023/11/29時点ではKindle Unlimited会員なら無料で読むことが可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次